究極の前向き思考になるまでには少々の努力が必要で、自分を高める為に 「心を磨き」、心の中の悪想念やマイナス思考を除去する練習をします。

嫉妬 恨み 憎しみ 怒り 不平不満 など様々な悪想念や、不安 心配 恐怖 取り越し苦労などのマイナス思考が、自分の心の中を支配することでストレスに悩み苦しむことになります。この様な悪想念やマイナス思考が、世の中の争いごとを起こしていると言っても過言ではありません。

自らの内に意識を向け自らを観察します。弱いところもダメなところも全てを受け容れ、客観的に観察します。そのままの自分を知ることで、様々な気づきや学びがあります。

これは何時でも何処でもできることですが、自らの内に深い集中をする必要があるので、時間に余裕のある時に静かな場所で行うことがおススメです。

この様な練習を地道に積み重ねることで、日常生活が学びの場になり、人生の体験全てを教訓として前向きに考えることができる様になります。そして、自らの心に悪想念やマイナス思考が現れたら、後に残さない様に除去することも可能となります。

大切なことは、義務感で行うのではなく、自主的に行うことで自発的な反省や気づきを得ることです。そして、自らを高めたい成長進化したいという純粋な意志を持ち続け、あきらめずに地道な努力を続けることが必要です。

人生の最後まで、あきらめずに地道な努力を続ける為には、人間の本質は魂であり、「この世で全てが終わりではない」 と言うことが直観的にわかる感性が必要になります。

しぜん整体教室は直観を磨く道場です。道場内では、外に向いている意識を自らの内に集中して、そのままの自分をじっくりと観察しながら体を動かす 「内観運動」 をします。

この 「内観運動」 によって物質中心の外界から離れ、内界に意識を向けることで物事の本質に気づき、魂の直観力が磨かれて地道な努力を続けることが可能になります。