しぜん整体は、「自分の体は自分で」 と気づき、安易人任せから卒業する自力の整体です。

自分の体の事は自分で考える習慣が身につくので、創意工夫力が磨かれます。そして、眠っている機能や才能が引き出され体の使い方が上達して、怪我や故障が減り疲れ難い体に体質改善されるのです。
 
しぜん整体では、怪我や故障そして生活習慣病は、心の問題や食事の問題も含めた体の使い方の過ちから起きていると考えます。

体は自分の意志で動かしているのであり、他者に動かしてもらっているのではありません。操り人形ではないので、健常者であれば他者に動かしてもらっているという人はいないはずです。

自然法則によって人間の自由意志は尊重されている為、基本的に自己の責任で行動しているので、自分の体の事は自分で考えることが本来は当たり前なのです。それなのに安易人任せにしていると、同じ過ちを繰り返す事になってしまいます。

怪我や故障そして生活習慣病は予防が大切です。しぜん整体では、「なにかしら自分の体の使い方の過ちがあるから痛みや不調が起きる」 という謙虚な考え方が基本になります。

しぜん整体のやり方は、自分の体の内側に意識を集中して内部感覚を研ぎ澄まし、体の内側を観察しながら 「何も考えずに気持ちよく動きます」。 この気持ちいい内観運動によって様々な気づきやヒラメキがあり、これが自己反省のきっかけとなり体の根本的な改善に役立ちます。

この様に根本的な体質改善を目指している為、すこし地道な努力が必要になります。簡単に治ればそれに越した事はないのですが、本気で体質改善を目指すには、自分を変えようという意志と地道な努力が必要なのです。


しぜん整体とは② へ続く。