自力の良さは、「人と比べず頑張らず怠らず」自己努力が出来ることです。
 
自力というと、「人間の自力などはほんの少しで、誰かに助けられて生きている」などという言葉が聞こえて来そうですが、それを言っていたら「自主的な自分が成長する為の努力」は、難しくなります。
 
確かに人はひとりで生きているのではなく、誰かに助けられて生きています。それはそうなのですが、自主的自発的な努力は外から与えられるものではなく、自分の内側から発生するものです。
 
なので、自力の良さを知り、自力を磨く努力を怠らないことが大切であり、自ら何とかして予防をするから病気や痛みが起き難くなるのです。
 
しかし、いつでも「誰かが何とかしてくれるだろう」と思っていたら、自分で注意すること(予防)は疎かになります。
 
これが、現在の日本の姿だと言っても過言ではありません。便利で至れり尽くせり、安易人任せの依存型社会の弊害は、人が自立(自律)することを恐れる社会でもあります。
 
自力のいいところは沢山あります。学ぶことが楽しみながら面白がってできることもその一つです。自分なり自分のペースでできる自主的な自己努力なので、自己責任能力も活性化します。
 
失敗や成功など様々な自力の経験を積むことで、人間力(生命力)が磨かれ、困難や逆境を臨機応変に乗り越える力となり、しなやかで丈夫に生きていけるのです。