体を緩める為には、気持ちよく動く工夫が必要になります。

人間の体には、気持ちよければ緩み、気持ち悪ければ固まるという性質があります。気持ちよく動けば、体の固まっているところが緩み解され、気持ち悪ければ体は固まってしまいます。

気持ちいい=緩むということです。緩んで動と本来の機能や才能が最大限に活かされます。

緩んでいれば、血管やリンパ管などの圧迫がないので、全身の循環が良好で痛みや不調がなく、快適に体を動かすことが出来るのです。

気持ち悪いとか苦しいなど不快な状態を我慢して、無理やり体を酷使することは、体が固まるように努力している様なもので、やがて、体のあちこちに故障が発生します。

正常な体では快不快感覚センサーが働き、体が少しだるいとか少し疲れたなど、「これは注意しなければ」 と黄色信号を出します。

また、痛くて苦しいとか疲労感が激しいなど 「これは危ない」 という何らかの赤信号も出します。この様に体は、「注意しなさいこのままでは危ないよ」 と常に 体の声 を発しているのです。

しかし、「気持ちいいなんてはしたない」 とか 「だらしない不謹慎だ」 などと、罪悪感を抱き、気持ちいい動き方が出来なくなっている場合もあります。

だから、気持ちよく動く工夫が必要なのです。ドラッグやギャンブルなどの気持ちがいいとは全く違います。

他力 (他者や自分以外の道具) に頼らず、自力運動で自分自身の脳機能を使うため、気持ちいいという感覚を使えば使うほど、気持ちよく動いている部分を司る脳機能が鍛えられるのです。

気持ちよく動くことは良いことと十分理解して、後は、様々な運動や労働、そして日常全ての動作が、気持ちよく動けるように工夫すればいいのです。

簡単な方法としては、体をユサユサクネクネゆする方法があります。なかなか自宅では何もできないという方には、大丈夫です。しぜん整体教室があります。

教室に来て、指導者の誘導に従って動いていると、少しづつ気持ちよく動けるようになり、体の奥まで緩み解れていきます。