成果は後から付いてきます。

多くの人の健康法を行う動機が、「痛みや不調を治したいから」という事のようですが、切っ掛けはそれでいいのですが、スランプが無く痛みや不調とうまく付き合いながら予防改善をしていく為には、「心(魂)の成長の為に自分を磨く」ことがおススメです。

「痛みや不調を早く治したい」と焦る気持ちも分かるのですが、その焦りが、「頑張り過ぎて自分の思うようにならないストレス」になってしまい、痛みや不調に囚われ「早く治したい」ということに執着が生まれます。すると、「こんなに頑張っているのに」と自分を責めたり人を責めたりという悪循環に陥ります。

この様な理由から、しぜん整体では「心(魂)の成長の為に自分を磨く」ことをおススメします。このやり方でいけば、焦ることなく自分に集中して出来るので、今現在の自分の状態を冷静に観察しながら出来ます。

こうすることで、人と比べず頑張り過ぎずにあきらめず続けることが可能になり、リラックスしてやりがいと喜びも味わい楽しみながら出来るのです。この様なやり方が結果的に、痛みや不調とうまく付き合いながら予防改善することに役立つのです。

もしも、「自分はこんなに頑張っているのになかなかうまくいかない」と思ったら、まず振り返って考えて観て、やり方を変える工夫が必要です。