しぜん整体は、今の自分を客観的に観察しながら運動する 「内観運動」 です。
 
客観的な自己観察により今の自分としっかり向き合います。起きること全てが魂の成長に役立つ学びや気づきになると全てを受け容れて(甘受して)、前向きプラスに改善する狙いがあります。
 
物質主義偏重の現代人は、出世やお金を稼ぐ為の仕事に追われ、周りの評価に惑わされ、今の自分はどの様な状態にあるのかを自らが把握(自己観察)していないことが多く、日常の何気ない行動の過ちに気づくこともなかなか出来ません。
 
心と体の使い方が悪化していることで、怪我や故障と病気が増えているのではないでしょうか。
 
自分としっかり向き合い客観的な観察(内観)をしていれば、自らの行動は自ら改善することが出来るのに、物質主義偏重の現代人は自己保身に忙しく、自分に何かあれば原因は外にあると考え、直ぐに何かのせいにしてしまう傾向があり、改善を自分以外に求めます。
 
現在の日本人の多くが、自らの反省をしない自己責任能力の低下により、自己による根本的な自己の改善が出来ない「安易人任せ他力依存型」になっていると考えられ、不平不満が多くストレスを溜め込んでいます
 
本来的に人間には自己修正能力があるのに、自らを客観的に観察(内観)することが無ければ、気づきも無く、自発的な改善は出来ません。
 
自らを改善して成長するという自然法則から外れ、心と体に不調が発生し改善を促されているのに、反省することが無ければ、また不調に陥るという悪循環です。
 
内観運動をすることで、自らの体としっかり向き合い、客観的に観察することで心の状態との連動関係が観えて来て、根本的な改善に役立つのです。
 
衣(医)食住を必要としない丸裸の自分(魂)を想像して、「魂の価値観で自己を観察(内観)する時間」をつくり、歳をとればとるほどに成長する 「前向きプラス思考楽天人生」 を楽しみましょう