緩める努力が必要です。まじめで頑張り屋の日本人の多くの人が、体を固めて苦しんでいます。

まじめに頑張ることはとてもいいことです。しかし、残念なことに緊張して固めることがいいと思っている傾向が強く、緩めるということを受け容れる事ができない為に、体を固め続け、痛みや不調に悩まされているという現状があります。

固まっている体は劣化して固くなったゴムのような状態であり、すぐ切れてしまいますが、緩んでいる体は新しいゴムのように弾力性があり、自由自在に伸び縮みして、かなり引っ張っても切れません。

緩んだ体は衝撃に強く丈夫な構造なので、怪我や故障が起きにくいだけではなく、ストレスが掛かり体が緊張しても直ぐに自力緩解することが出来ます。

そして、緩んだ体は血管やリンパ管なども固めて圧迫することがなく、全身の循環がスムーズなので、心も体も軽快なのです。

1000年以上倒壊しない五重塔も緩んだ構造の柔構造で、現在の高層ビルに多くのことが応用されています。

固まっている体は鉄の板と同じように、曲げれば曲がったままです。緩んだ体はゴムの板のように弾力性が高く、曲げてもまた自力修正してまっすぐに戻ります。

この様に緩んだ体は自力修正力が高く、ストレスをしなやかに受け流す丈夫な体であり、あらゆる困難を乗り越える為に役立ちます。

まずは、「緩めることはいいこと」 と言う理解が必要であり、「頑張らずあきらめず」、固まったら緩める固まったら緩めるという、「緩める為の自己努力」 を地道に続けることが大切なのです。

緩める努力② へ続く。