しぜん整体の動き方は、筋肉は出来るだけ脱力して、骨と関節で自らの重みを移動する様に動きます。

骨や関節自体は緊張しませんが、その周りの筋肉が緊張すると関節にブレーキが掛かります。だから、骨と関節を主体に動くことで、筋肉の力み (緊張) がなく関節がスムーズに動けるのです。

また、適度な重みの負荷が骨や筋肉に掛かるので、丈夫な骨と筋肉を養う事が出来ます。

しぜん整体では、古流武術にある 骨主肉従 の動き方を目指します。骨が丈夫でなければ筋肉の本領を発揮できません。骨が弱ければ、筋肉に力を入れたら骨が折れてしまう様な事にもなりかねません。

だから、骨を主体の動き方がいいのです。筋肉の事は考えず骨と関節を動かすのです。すると筋緊張 (力み) が抜けて関節がスムーズに動き、体の歪み偏り滞りの予防改善に役立ちます。

整体は、体の歪み偏りを整え血液や体液の循環をスムーズにして、心と体の健康が目的です。

筋肉ばかりを意識して、筋肉に力み (筋緊張) が生じてしまえば、筋肉の偏った力が関節にブレーキを掛けながら動くことになってしまい、スムーズに運動することは出来ません。

関節本来の動作が出来ずに、関節を痛める原因にもなります。筋緊張 (力み) が癖になると体のあちこちにコリが発生して、全身が硬くなり、怪我や故障がおき易くなってしまうのです。

しぜん整体で学んだ事を常日頃から気をつけて、骨に重みを乗せ関節で重みを移動する様に意識します。すると、関節がスムーズに動ける適切な筋肉が養われ、関節本来の動作が身について来ます。

雑な動きを卒業して動き方に磨きをかけ、歳をとるほどに筋力や体力に頼らない、精度の高い動き方を身につけ、怪我や故障の予防改善に役立てます。

しぜん整体は、「歳を重ねても しなやかで丈夫な体」 を目指しています。