緩めることは、だらしないことではありません。 

体を緩める為には、体重の中心感覚や心の芯がしっかりしていなければなりません。不安定の中にあっても安定を観つけられる様でなければ、体を緩めることは出来ないからです。

五重塔の様な目に見える芯柱は人間の体にはありませんが、体を緩める為には、自分の中心を確立していくことが必要なのです。

センター 中心軸 中心線など、武道やスポーツなどで言われる様な、芯がしっかりしていなっければ、心が不安で体を緩めることは出来ません。

心と体は連動しています。心が安定するように、まずは体の中心を見つける為に、体を緩める努力をします。

体が固まると、神経や血管を圧迫してしまうので内部感覚がにぶくなる為、体が歪んでいても歪みを感じとることが出来ずに、本能的に心が不安になります。

体が緩めば内部感覚が発達してきますから、重力を感じとり自分の中心を観つけ、バランスがとれるようになり、体の歪みが直り、ヤジロベエの様に安定するので本能的に安心します。

この様に中心 (芯) がなければ体を緩めることが出来ないので、芯がなくだらしない状態とは全く違います。

体を緩める為には、内部感覚を研ぎ澄まし、自分の中心を観つける様に体を動かします。

誰でも初めのうちは、この様な体の使い方の経験がない為に、内部感覚とか中心とか分からないかもしれませんが、あきらめずに緩める努力を続けていれれば、内部感覚や中心感覚が磨かれて、分かるようになります。

緩めることはだらしないと決め付けるような、偏見のブレーキを外すことが大切なのです。