緩める為の他力運動と自力運動の違い。

緩める為の他力運動とは、整体師や指圧師などによる整体・マッサージ、そしてマッサージチェアなど自力ではなく他力 (他の道具) に頼り、気持ちよく動くやり方です。

緩める為の自力運動とは、自分以外の他力や様々な道具などを使わずに、自力で気持ちいい運動を創意工夫するやり方です。

この様に、同じ緩める為でも他力運動と自力運動では、他者に頼るやり方と自分ですると言う、やり方に大きな違いがあります。

自力運動で緩める為には、自分の機能をフルに活用して 「何とかして気持ちよく動こう」 と言う創意工夫力を使います。これは、動く部分を司る脳がフルに使用され、脳機能の訓練になります。

他力運動では他者に頼りきりで、「何とかして気持ちよく動こう」 と言う創意工夫力は使わない為、脳機能の訓練にはなりません。

私たち人間には、神様に与えられた素晴らしい感覚があり、体が固まると不快になり、体を緩めると快く感じる 「快不快感覚」 が備わっています。

これは、体が固まると不快感覚を感じることで危険を察知して、「何とかして緩めよう」 と言う自力運動を誘導しています。

また、気持ちいいと言う快感覚で、体を緩める為の自発性と方向性 (緩めたい・こっちに動きたいという気持ち) を誘導しています。

この様に、とても素晴らしい機能が私たち人間には備わっているのですが、他力運動に頼りきりになると、本来的な機能が怠けてしまい機能の弱体化が進みます。

初めのうちは、他者による他力運動で緩めることが出来ていても、緩めてもらってもすぐ戻る (固まる) ようになってしまい、徐々に快不快感覚も鈍麻していきます。

こうなると、自力運動では気持ちよさを感じなくなり、体が固まったら緩めると言う、基本的な自然治癒力の働きが悪くなるのです。

大切なことは、自分で体を動かして (自力運動で) 気持ちいいと感じる感覚を、よく使うと言うことです。この感覚を司る脳機能をよく使い訓練することが必要なのです。

自力運動でなければ脳機能は訓練できないのです。このことをよく理解して、地道に緩める努力を続ければ、快不快感覚の鈍麻が少しずつ蘇ります。

そして、病気予防と怪我や故障を回避する為の、高度な感覚に進化することが出来ます。