現代の日本人は食べ過ぎの傾向にあります。

昔から「腹八分に病なし腹十二分に医者足らず」と言われる様に、食べ過ぎは痛みや不調のもとになります。現代の日本人の食生活は、三度の飯に加えて十時のおやつと三時のおやつ、そして夜食や酒の肴と食べることだらけです。

これでは、胃腸の消化能力の許容量を超えて食べていることは明らかと言えます。三度の食事はフルマラソン(42.195キロ)に使うエネルギーと同じくらいの消費エネルギーと言います。これが毎日続くのだから、体への負担はかなり大きいのです。

しぜん整体を行うときは、お腹に何も入れない空腹状態でやることをおススメします。こうすることで、体が軽く柔軟で気持ちよく動くことができ、整体効果が高くなるのです。

満腹でしぜん整体を行うと、体が硬く重い感じがして疲れてしまいます。これは、消化活動にエネルギーをとられ、体を動かす為のエネルギーが残っていないので体が硬く疲れ易くなるのです。

「腹が減っては戦が出来ぬ」と、食べなければ動けないという強い思い込みが日本人には多く、食べてから動く習慣になっているという事もあります。また、空腹は健康の為にならないという間違った思い込みもあるようです。

しかし、思い込みを捨て空腹状態でしぜん整体を行えば、体感することが出来ます。体が軽く柔軟で気持ちよく動くことができるので、深部まで刺激がとどき整体効果もアップします。そして、空腹で体を動かすことで、体内に蓄積した老廃物の排泄が促進されます。

特に注意することは、食べたくもないのに「腹が減っては戦が出来ぬ」と、無理やりお腹に食べ物を入れて運動や労働をすることであり、これは体への負担は大きく、酷使しているという事を知ることが必要です。

普段から、特に運動や労働は空腹で行うか、食べた後すぐに眠くなるとかお腹が痛くならないくらいの腹八分を心がけることで、故障や怪我を減らすことが出来ます。また、消化に使うエネルギーを故障や怪我の修復に使うことが出来るので、回復が早まるという事もあります。

何よりも眠いのを我慢したり、お腹が痛いのに無理やり体を酷使して運動や労働を行うよりも、頭も体も軽快でスッキリした腹八分や空腹状態の方が、能率的であるということは明らかです。

腹八分を心がけることは心と体の健幸に役立ちます。普段の食生活を少し気を付けて、楽しみながら出来るくらいの「頑張らないやり方」がおススメです。