しぜん整体は、自分で動いて自分の重み (体重) を利用して自分で整体します。

脱力した状態で重力を感じとり、曲げたり伸ばしたり押さえたりと、自分の体に自分の重みを掛けて筋肉の偏り (コリ) や関節の歪みを直す、自力による整体です。

運動とは、読んで字のごとく重みの力を運ぶことです。重みの移動が運動なのです。しぜん整体は脱力運動法です。力まずに脱力した状態で、重みを感じながら様々な動き方を楽しみます。

競技ではないので、頑張って相手に勝たなければならないと言うことはありません。他人と比べずじっくりと自分と向きあい、自分自身を観察しながら自分の重みを感じて動きます。

自分の重みを利用して、筋肉や関節に適切な刺激をするので、とても気持ちよく動くことが出来ます。また、筋肉や骨に適度な重みの負荷が掛かるので、しなやかで丈夫な体が養われます。

熟練する事で、筋肉や骨に掛かる重み (重力) を感じとる感覚センサーが磨かれ、筋肉や関節が不適切な使い方になると違和感を感じとり、怪我や故障を回避する事が出来る様になります。

そして、自分自身の重みを支える力を多用するので、姿勢保持力が練磨され、その場その時に応じた臨機応変な姿勢が養われます。

臨機応変な姿勢が身につくと、体の歪みが減少して歪みが起きにくい体になり、痛みの予防と改善に役立ちます。

私たちが地球で生活している限り、感じる感じないに関係なく、全ての人に重力の負荷がかかっています。

運動や労働など日常動作全て、常に重力の負荷は掛かっています。その重力の負荷に潰されない様に、自分の体を支える力が姿勢保持力です。

姿勢保持力が衰えると姿勢を正す事が辛くなり、日常動作が楽に出来なくなってきます。逆に、姿勢保持力がいつまでも丈夫であれば姿勢よく、日常動作や運動や労働も楽に出来るのです。

姿勢保持力を丈夫にする為には、重力と対立せず調和 (仲良く) して生きる必要があります。自分の体重を適切に利用して、自分で整体する、しぜん整体 が役立ちます。