講師プロフィール

 

  廣瀬 稔

考案 指導 施術 担当です。
山梨県出身。1963年生まれ。

この仕事を始めた理由は、私自身の腰痛を改善した経験を活かし、
腰痛などの痛みに悩む人たちの役に立ちたいと思ったからです。

私は20代の頃ぎっくり腰を数回繰り返し、その後は痛みが慢性化して首も痛くなり手足がしびれるまでに悪化してしまい、様々な治療を試みたがあまり良くならずに悩んでいた時に、本屋さんで橋本敬三氏の著書 「からだの設計にミスはない」 という操体法の本に出合いました。

操体法は自分が気持ちがいいと感じる動きで痛みや不調を治すという方法で、他者に施術する (施術してもらう) 方法と自分でする自療法があります。以前の私は苦しくても痛みを我慢することがいいと思っていたので、操体法の素晴らしさ (快感覚に従う) に感銘を受け、操体法と名の付くありとあらゆる本を買い求め読みあさりました。

試行錯誤の独学で腰痛がだいぶ回復した頃、もっともっと操体法を学びたいと思っていると、根本良一氏の著書 「臨床家のための連動操体法」 という本に出合いセミナーに参加してからは、根本氏に操体法を学ぶようになり、大腰筋と痛みの関係や体の連動を理解する事ができました。

根本流連動操体法に自分で痛みや不調を治す自療操体という方法があります。私は 「自分で治す」 ということにとても魅力を感じ、独自の研究も始めるようになりました。その頃に出合ったのが予防医学の研究者、矢上 祐氏考案の操体体操 (現在は自力整体) のビデオです。

操体体操のビデオを観ながら体を動かしていると、自分の体の硬さに驚きました。腰痛もだいぶ良くなり体にも自信がついて来た頃だったので驚きと共にショックもありましたが、これがきっかけで 「このままではいけない自分の体は自分で何とかしなければ」 と本気で思うようになりました。

それからは 矢上氏の著書 (自力整体整食法、自力整体脱力法など多数) や指導者研修などで多くの事を学び、平成14年に自力整体教室を地元山梨で始めるようになりました。自力整体は心と体の繋がりを教えてくれました。そして、予防が大切と言うことも分かりまた。

その後、整体療術業 (平成4年開業) や武道 (24~40歳まで) の長年の修行経験と、瞑想、呼吸、正坐、心と体の使い方など独自の研究も活かし、平成20年に独立して 「しぜん整体教室」 を立ち上げました。

現在は、山梨市教室、甲府教室、北杜市明野教室、北杜市高根教室など、県内各地でしぜん整体教室の指導を行い、「自分の体は自分でなんとかしなければ」 という意志と、謙虚で地道な努力が自分を磨き、痛みや不調の根本的な改善と予防に役立つということを伝えています。そして、「人生の最後まで、歳をとればとるほどに向上する生き方」 を目指し続けています。

メッセージ
病気や痛み 怪我や故障
を起こさない様にする 「予防」 が大切です。
「自分の体は自分で何とかしなければ」 
と気づいたら、 眠っている自らの様々な機能や才能の目覚めです。しぜん整体が みな様のお役に立てれば幸いです。